「必ず当たる」と過大広告で高額な情報料を取るなどという手口を使う、競馬情報会社詐欺が多数存在します。
ここでは、悪質な詐欺手法の手口を紹介します。

競馬情報会社詐欺の勧誘手法

  • 競馬には出来レースがあるという
  • 予想を外すと次は当てるという
  • 的中していないのに的中と煽る表示をする
  • お金がないことを知るとキャッシングすることを勧める
  • 電話勧誘が多い
  • 情報が無料と明記してあるのにも関わらず、当たる情報には金を出せという

競馬の知識がない人ほど、騙される傾向にあります。
まずは、競馬に関する知識をつけましょう。
また、万が一詐欺にあってしまった場合には、警察に相談しましょう。

JRAで把握している悪質な予想・情報提供業者名

 「裏競馬((株)Media-Earth)」、「(株)ARIAS」、「(株)ニューゲート」、「(株)ファーストライン」、「(有)優子の関係者達」、「(株)SRC」、「(有)ウイニング」、「(株)ワールドレーシング」、「kurokage keiba」、「JOO機構」など
※詳細は、JRA公式HPをご覧ください。

優良競馬情報会社の特徴

悪徳競馬情報会社に騙されないために、優良競馬情報会社の特徴をご紹介します。

  • 成績に偽りがない
  • 成績の詳細を公開している
  • 定期的に予想を公開している
  • 料金が高すぎない
  • しつこい勧誘がない
  • サポートサービスがしっかりしている

投資にリスクは付き物のように、いくらプロの予想とはいえ、100%ということはあり得ません。
まずは、成績の詳細をしっかり公開していて、その情報に偽りがないことが大前提となります。

また、情報料金が高すぎないこと、顧客の立場に立ってしっかりとしたサポート体制があるところ、しつこい勧誘がないことが優良競馬情報会社の特徴と言えるでしょう。

数多くある競馬情報会社から悪徳か優良かを見分けれるようにして、詐欺に遭わないように気を付けましょう。