フェブラリーSニュースまとめ-ハッピー激変、東京マイルがベスト


 今年最初のJRA・GIのフェブラリーSの枠順が19日に決まる。今年は3年ぶりに地方所属馬が参戦(2頭)。中でも大井のハッピースプリントは、交流GI全日本2歳優駿を勝ち、羽田盃、東京ダービーを制した南関東2冠馬。このところは中距離戦で善戦止まりだが、マイル戦なら一変も可能。16年ぶり史上2頭目の地方所属馬のVを狙う。

 1999年のメイセイオペラ(岩手)以来、16年ぶりの地方所属馬のVへ向け、大井のハッピースプリントが態勢を整えてきた。2走前の東京大賞典、前走の川崎記念はともに1秒以上離された4着。数字だけ見れば手を出しづらいが、舞台が替わるのは大きなプラスだ。

 「ここ2戦のレースを見ても、しまいが少し甘くなっているし、2000メートルは長い。マイルが最も力を発揮できる距離だし、とくに広い府中のマイルはベスト」

 森下調教師は断言する。大井の羽田盃(1800メートル)と東京ダービー(2000メートル)を制した南関東2冠馬だが、距離は素質の高さでカバーしていた。本来は、快勝した交流GI全日本2歳優駿(川崎、1600メートル)を見てもマイルがベスト。多少ズブい面もあるだけに、直線が長いのも歓迎だ。

 「最近は体質が強くなり、以前よりも調教での走りがしっかりしてきた。レースでも徐々に古馬のペースに対応できている」と、トレーナーは着実な成長を強調する。絶好の舞台なら、前2走以上の結果が出ても不思議ではない。

 森下調教師は今年35歳で、2010年に開業した。すでに東京ダービーを2勝している新進気鋭の調教師で、ゆくゆくは海外でも通用する厩舎を目指している。

 「ここまで、1段ずつ着実に登ってきている感触はある。挑戦することで厩舎も力をつけるはずだし、JRAでの戦い方を学んで、互角に戦えるような厩舎作りをしていきたい」

 森下調教師のキャリアに刻まれる、初のJRA・GI挑戦。「ペースも違うし強い馬ばかりだから、一筋縄ではいかない」と慎重な構えを崩さないが、「いつも想像以上の走りをする馬」とも。最高の結果を出す可能性も、十分に秘めている。 (大貫師男)


 

フェブラリーS枠順決まる

 




 2015年JRA・GI開幕戦となる第32回「フェブラリーS」(日曜=22日、東京ダート1600メートル)の枠順が20日午前、以下のように確定した。

 武豊とのコンビで同レース史上初の連覇を目指すコパノリッキーは2枠4番、今回と同舞台の武蔵野Sを勝っているワイドバッハは6枠11番、砂の女王として君臨するサンビスタは5枠9番、重賞2勝のインカンテーションは7枠14番に入った。

 なお、このレースは21日(土曜)から前売りが開始される。

★「フェブラリーS」枠順と騎手(コーリンベリーとサンビスタの牝馬は55キロ、他は57キロ)★

【1枠】 1番 ローマンレジェンド 岩田
【1枠】 2番 コーリンベリー   松山
【2枠】 3番 シルクフォーチュン 江田照
【2枠】 4番 コパノリッキー   武豊
【3枠】 5番 カゼノコ      浜中
【3枠】 6番 ハッピースプリント 吉原寛
【4枠】 7番 グレープブランデー 北村宏
【4枠】 8番 レッドアルヴィス  勝浦
【5枠】 9番 サンビスタ     C・デムーロ
【5枠】10番 ベストウォーリア  戸崎圭
【6枠】11番 ワイドバッハ    蛯名
【6枠】12番 サトノタイガー   三浦
【7枠】13番 ワンダーアキュート ベリー
【7枠】14番 インカンテーション 内田博
【8枠】15番 キョウワダッフィー 福永
【8枠】16番 アドマイヤロイヤル 横山典


フェブラリーS注目サイト

無料3連単予想が熱い 自信のある無料予想が熱い 有料予想が熱い
詳しい評価(プレミアム) 詳しい評価(ハイブリッド) 詳しい評価(プライド)